景行天皇の足跡を追って 4 京都峠

投稿者: | 5月 23, 2021

この京都峠は、奈良朝廷が促進した官道整備の一環で生まれたのか、それとも官道以前から使われていた峠道なのか。この峠道は、小倉南区や苅田町と京都平野を繋ぐ峠道で、苅田の入り口には三角縁神獣鏡が出土した石塚山古墳や鵜萱葺不合命を祀る宇原神社がある。峠を越えると、海石榴市に到る。

今回は雨のなかで京都峠を越えてみました。峠を越えると、眼下には京都平野が美しく広がっています。

この地は、玄界灘から遠賀川を遡上して、田川郡から瀬戸内海に到る重要な場所に位置します。現在は、鹿児島本線と国道3号線が主要な交通路ですが、それはまだ新しい交通路と言えるでしょう。

後日、晴れた日に、写真を撮ってみました。古代の人達も、この光景をみたことでしょう。